2020-0120厚生労働省は2020年1月14日、「平成30年国民健康・栄養調査結果の概要」を発表した。それによると2018年時点では推計で糖尿病が強く疑われる20歳以上の人は男性で18.7%、女性で9.3%存在していることが分かった。年齢階層別では年上ほど、男女別では男性の方が、強い疑いの人の割合が大きい傾向が確認できる(【国民健康・栄養調査】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事