2020-0120昨今の日本人の食生活においては、昔と比べると欧米化の傾向にあり、肉食が増えて魚を食べる量が減ったといわれている。その実情を統計の上から確認できる値が、厚生労働省が定期的に調査・発表している「国民健康・栄養調査」の、2018年分に関する詳細報告書で先日公開された。今回はその公開値を基に、主菜としてよく用いられる肉と魚、さらには野菜や乳類にスポットライトをあてて、日本人の食生活の現状と変化を垣間見ることにする(【国民健康・栄養調査】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事