2020-0121先行記事【成人男女の魚介類・肉類の摂取量をグラフ化してみる】で主な食品種類別の、男女・年齢階層別の摂取量の現状と過去との比較を行い、食材の面から食生活の動向を確認した。今回は同じような切り口で食品種類ではなく、栄養素の観点から状況の把握を行うことにする(【国民健康・栄養調査】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事