スポンサーリンク

【体験談】注文住宅で思ったより予算オーバー。解決策としてDIYも取り入れたことでマイホームに愛着も

静岡県30代女性

 

2018年9月に注文住宅を新築で購入し、現在住んでから3か月が経ちます。

居住期間がまだ浅いのですが、マイホーム購入に関しての私の体験談をお話ししたいと思います。

 

まずはじめに、私たちは土地を持っておりませんでしたので、土地探しから住宅メーカーにお願いしました。

希望の地区、土地の広さ、形、価格などをふまえていくつかの売土地を紹介して頂きました。

 

私の主人の地元が大規模既存集落と言いまして、過疎化防止のために農地など所有者が高齢で活用しなくなった土地などを、おおよそ平均価格の半値くらいで売っていただけるシステムで土地を購入しました。

このシステムでは土地を購入した時期によりますが、申請手続きや農地転用の手続きなど許可が下りるまで建築に関しての業者が立ち入り出来ない時期があります。

私たちは、建築の許可が下りるまで約1年程かかりましたので、その間に住宅メーカーと家のレイアウトや壁紙、床材など全て決めておきました。

ですので、建築許可が下りてからはすぐに着工して頂き、約3か月程でマイホームが完成致しました。

 

想定予算をオーバー

地鎮祭、上棟式(お土地柄で餅まき)を行いましたが、こちらは任意で行なう事になりますので、住宅メーカーでのお見積りには金額が入っていなかったため当初の予算から約10万円程オーバーしてしまいました。

その他に、エアコン、カーテン、照明はお見積りには入っていないのでこちらも約50万円程の予算で考えておいた方が良いと思います。

また、私たちは約100坪の土地を購入したため、建ぺい率の関係でガレージ(車2台分)を経てたことと併せて、外構工事に約170万円程かかりました。

なるべく庭造りなど自分で出来るところは自分でDIYで施工したり、あまり表から見えない家の裏側などは安価な素材に変えたりと費用を削りましたが、外構代でもお見積りより約50万円程オーバーしました。

 

私たちがマイホームを建てて学んだことは、自分たちが一生住む家なので手を掛ける所は業者さんに頼んで、自分でDIY出来る部分はマイホーム作りの楽しさでもあるということです

自分で手掛けると愛着も沸くことでしょう。

 

【関連】

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事