2020-0402JC総研は2020年3月13日、農畜産物の消費行動に関する調査結果を発表した。その内容によると調査対象母集団の成人における、主食としてお米を食べる1日あたり平均食数は1.87回であることが分かった。パン類は0.47回、めん類は0.27回となっている。お米の内訳としては炊飯(内食、自宅で炊いたご飯)がもっとも多く、外食、調理済みの中食が続いている。単身者は既婚者と比べて炊飯の機会が少なく、その分中食や外食が多い結果が出ている(【発表リリース:農畜産物の消費行動に関する調査結果】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事