2020-0403古来からの習慣や収穫量、そして消費傾向などからお米が今なお日本の主食であることに違いは無いが、昨今では少しずつお米の消費量が減り、パンやめん類の消費が増えているとの指摘もある。今回はJC総研が2020年3月13日に発表した、農畜産物の消費行動に関する調査結果から、朝食と昼食に関する家庭での炊飯頻度の動向を確認していくことにする(【発表リリース:農畜産物の消費行動に関する調査結果】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事