一人不動産屋は当然だが、自分のやりたいように判断しえよいという状況下にある。

そのため、自分の信じる道を進んでいけることになる。

スポンサーリンク

経営方針も営業スタイルも

経営

経営については、賃貸管理をしていないため非常にシンプルな経理となる。

このあたりは今後も税理士の話を聞きながら覚えていく。

実際に当初のころよりは、経理(経営)についての理解は各段に高まっている。

ミニマム経営であり、まだまだヒヨッ子ではあるのだが…

広告費、特にポータルなどもミニマムでいく。

結局のところ、経営という視点では何をやって何をやらないのかを判断していくことが最も重要。

判断基準は自分で決める必要があり、今後も考え方を順次アップデートしてこなしていく。

営業スタイル

営業スタイルについて、一人不動産屋としてはここは重要。

こと、自分のやりたいようにできる。

そして、良かれ悪かれ結果がともなう。

ここは自分の今考える営業をしていくしかない。

短期的な結果を求めるのではなく、長期目線で営業をしていく。

スタンスとしては、

  • 契約になれば良し
  • 契約にならなくても良し

という考えで落ち着いている。

今後この考えは変わるかもしれない。

そこも含めて、自分の実力であると納得するようにする。

あくまで、一人不動産屋として納得できる契約を積み上げていきたい。

スポンサーリンク

お金よりも満足感を

きれいごとで甘いのかもしれないが、契約(お金)よりも満足感や充実感、達成感というものに焦点を向けてやっていく。

この選択をできることこそ、一人不動産屋の武器であると考える。

極端に言えば、お客様を選ぶこともできてしまう。

契約のその場で「やめておきましょう」と白紙にする提案さえもできてしまう。

お客様が納得していなかった場合、そういった最終応急措置もとれることも覚えておく。

その時点での自分の考え、レベルに応じた、より良いと思う判断を下していく。

最初から、自己中心的な発言が多いお客様については、早期でお手伝いもできないという判断も下せる。

それが、自分のレベルが低いための誤った短絡的なジャッジであるかもしれない。

もっとレベルが高い営業マンであれば、その発言を容易に覆すことができるのかもしれない。

言えるのは自分のその時点で考える、最善の判断を下し続けること。

この方針で今後もやっていこうと思う。

 

この考え方は間違いかもしれない。

だが、今別の考え方を瞬時に吸収できるわけではなく、体で覚えていくしかない。

そうして一人不動産やとして、人間として深みを出して生き続けることが良いと考える。

 

あらゆることを踏まえ、契約ではなく満足感、充実感に目をむけてやっていこう。

また、1年後くらいにこの日記を見に来る日まで。

The post 一人不動産屋は経営方針も営業スタイルも自分の道を進める。良くも悪くも自分次第 first appeared on 不動産ブログ.

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事