不動産屋の休みは水曜日というのが一般的。

休みあけの木曜日は営業マンはみな元気だと思う。

スポンサーリンク

水曜日に休んで木曜日から不動産屋の一週間はスタート

今日は木曜日。昨日は水曜日なので休んだため、朝から脳みそは絶好調。

毎度、休みの朝はこんな気持ちとなるため、やはり休日は大切であると実感。

昨日は妻が仕事だったため、まだ片言しかしゃべれない子供とずっと一緒だった。

世話をしながらの休暇となったが、仕事とのことは忘れることができ充実していた。

夜も眠れたし、朝から調子もいい。

今このブログを書いているが、指が動き筆が進む。

木曜日の朝は、不動産屋として好き。

 

中には契約をガツガツ決める営業マンにとっては、休み明け木曜日は仕事がどっさりとたまっているかもしれない。

ふんどしを締め直してのぞむ朝となるかもしれない。

特に、昨今は大手を中心に火・水休みという会社も多い。

第1と第3火曜日が休みという不動産屋もけっこうある。

私の場合は、良いのか悪いのか、一人不動産屋のためそこまで忙しくないのが現状。

(もちろん、目標設定はしているが)

そのため、ほぼ毎度木曜日はすがすがしいスタートを切れている。

 

水曜日休みのメリットとしては、やはり、どこかに出かけた時に混んでいないというのもある。

少し前にディズニーランドへも家族で行ってきた。

コロナ禍で入場規制があり、事前にチケットを購入するのだが、平日のためとれたと妻より聞いた。

ディズニーランドの中はさすがに混んでいて、アトラクションは並ぶことになるが、さすがに土日祝よりは並ばないレベルのはず。

私はゴルフはやらないが、ゴルフに行く不動産屋からは水曜日休みは安くてすいてて良いとよく聞くのは不動産屋あるある。

水曜日休みもなかなか良いものだと思う。

 

スポンサーリンク

一人不動産屋として休みも大切に

一人で営業しているため、体を壊す=マズイということになる。

「体は資本」この若いころは何も気にとめなかった、時折聞く言葉。

今はストレートに自分の頭の中に浸透する。

体は本当に大切だし、特に普通のレベルの不動産屋の私にとっては、働ける体というのが唯一無二の資本となる。

この資本がなくなる=ゲームオーバーというのはよくよく考えると大きなリスクとも言えるが、ミニマムに自分の納得いく経営をしているので承知している。

同時に、一人不動産屋として、「体の調子」もかなり意識するようになった。

朝一から調子が良い日と悪い日、頭がさえている日とダメな日があるのはしょうがないのか?

その日のできや効率、考え方などは、その日の体調によっておおきく左右される。

これを意識するようになったので、特に私の場合はお酒を前日に飲みすぎることはほぼ無くなった。

二日酔いは一人不動産屋経営にとってダメージ大。ネガティブな思考は良い結果を生まない

こういった感じで少し体調を意識するようになれば、少し行動が変わり、少し成果も変わってくるはず。

今後も一人不動産屋としてこの辺は頭の片隅に入れ続けていきたい。

 

今後も水曜日の休みを大事にしていきたい。

精神的なリフレッシュ。これは休みがもたらしてくれるもの。

1週間に一度はこれを行っていき、体調管理にもつなげて生き延びていきたい。

The post 休み明け木曜日の不動産戦士(営業マン)はみな絶好調!?(水曜日が定休日なのが一般的) first appeared on 不動産ブログ.

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事