2019-1226国土交通省は2019年12月26日付で同省公式サイトにおいて、2019年11月の新設住宅戸数の動向(建築着工統計調査報告)を各種データとともに発表した。それによれば2019年11月の新設住宅着工戸数は前年同月比では12.7%減の7万3523戸で、前回月から継続する形でマイナスとなり、5か月連続の減少を示したことが分かった。着工床面積は4か月連続のマイナスで10.8%の減少となっている(【国土交通省:発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事